新着記事:自助グループのメリット・デメリット

心理学その1:私は主人公だ

こんにちは、このブログの管理人《えりこ》です。

 

依存症克服には「どうしてそうなった?」より「どうなりたいか?」が大事です。しかし、どうすれば「どうなりたいか?」を考えるようになれるのでしょうか。

 

ここでは「私が性依存症を克服するときに知ったアドラー心理学」を中心に、あなたの「こうなりたい」を探すお手伝いをしたいと思います。

 

「どうなりたいかのアドラー心理学」シリーズは全部で7回。今日は第1回目「私は主人公だ」についてお話ししていきたいと思います。

「私は“わたしの人生”の主人公だ」

 

「あなたは主人公だ」---。もしこんなセリフを言われたら、あなたはどう感じますか?くすぐったく思うでしょうか。「そんなワケない」と思うでしょうか。

 

では、こう言い直されるといかがでしょうか。

 

あなたは『あなたの人生』の主人公だ。

 

と。いかがでしょう、少しは納得感が増したでしょうか。まだ納得はできないでしょうか。なぜ「自分が主人公だと信じることがよいことなのか?」私の体験も交えてお話ししていきます。

「人間には運命を創造する力がある」と“信じる”

「自分は人生の主人公だ」という考え方は、アドラーの強い思想だったようです。

 

人間は環境や過去の出来事の犠牲者ではなく、自ら運命を創造する力がある。

 

アドラー心理学の本はいくつか読みましたが、どれにも共通してこんなことが書かれていました。私はこの言葉を聞いたとき、妙にナットクしたのです。

これは真実かどうかより「こう思うことができたら心が充実してくる」とかそういうハナシなのでは

と、そう思えたからです。

「こう考えることで心が満たされやすくなる」ーーだったら1回信じてみてもいいかな。そんな風に思うと、心にすっと入ってきました。

誰かの物語の、いつも脇役だった。

 

といっても、私がこの考え方を受け入れられたのは運が良かったのだとも思います。ちょうどこちらの会員限定記事で書いていることを信じたタイミングと重なったことは大きかったです。

会員限定記事

 

タイミングが違っていればきっと私は反発したと思います。というのも、私は「私は脇役だけど、その役割を全うして生きるんだ」みたいな美学のある人間でした。

 

本当なら「これは私の美学に反する」と思って受け入れられなかったはずです。でも、実際の私は「私は私の人生の主人公だ」という考え方を受け入れました。

 

その理由もまた、「心理学その4」でお話しすることと重なってきます。

心理学その4:自分が「ラク」になれる思い込みで生きていい

 

もし、これを読んでいるあなたが「自分が人生の主人公?そんな風に思えたら苦労しないっつうの」と思えたそのときは、心理学その4をお読みいただければと思います。

 

なにはともあれ「私は『私の人生』の主人公だ」ということを信じたことが「どうなりたいか?」発見の1歩目ーーひいては依存脱却第1歩目になった。そんなお話でした。

 まとめ

今回は

私は運命を創造する力がある。私は『私の人生』の主人公だ。そう思うことから依存脱却がはじまった

というお話をさせていただきました。次回は、

心理学その2 : やりたいこと / できることに注目する。今すぐできるセルフケアの方法。

というお話をさせていただきます。では、また。


私が依存を脱却したときは、実際にはいろんな人の助けを受けました。ここでお話ししているようなアドラー心理学がすんなりと受け入れられたのも、実際にメンタルのサポートをしてくれる第3者がいたからです。

依存症 カウンセラー・コーチの選び方性依存症を病院に頼らず克服した方法その①野良コーチ達とアドラー心理学

自分は運がよかった…と感動しつつも、「もし同じような悩みを持っている人このブログを読んでくれても、あのサポートは再現できない」そんなことをずっと悩んでいました。

 

そんなときに知って「コレだ!」と思ったのが、この【ボイスマルシェ】という電話カウンセリングサービスの存在です。



【ボイスマルシェ】は女性専用電話カウンセリングです。恋愛、結婚、仕事、夫婦、子育て、メンタルヘルスなど、匿名で相談できます。

「専門家のアドバイスが欲しい」「誰かに悩みを聞いてほしい」そんな時に使えるインターネット上のカウンセリングルームです。

5つのポイント

【1】相談相手の専門家は500人以上

ボイスマルシェでは、恋愛・結婚、仕事、夫婦・家庭問題、心理・メンタルヘルスなど、幅広いテーマの専門家が500人以上在籍しています。

 

専門家は全員、心理カウンセラーやファイナンシャルプランナーなどの有資格者。資格・実務経験・人柄などの面談・審査をクリアした専門家のみが掲載しています。

 

田舎の病院だとカウンセラー(心理士)自体がいない心療内科も少なくありません。いても気が合わなかったり、でも選択肢が少ないから選べない…そんな方も使いやすいと思います。

 

【2】匿名だから気軽に話せます。

ボイスマルシェは匿名で使えます。予約はネット、相談は電話だから、専門家に伝わるのはニックネームと相談内容のみです。

 

私たちのような悩みは「身近な人には言えない悩み」の最たるものに近い部類です。個人情報やプライバシーに配慮した、安心して使えるシステムのボイスマルシェは適していると思います。

 

【3】当日10分前まで予約OK!

ボイスマルシェは当日10分前まで予約が可能。電話相談なので「今すぐ話したい」「時間が空いた」など、 話したいときにすぐに使えるサービスです。

 

病院でカウンセリングを受けると、予約をしたり時間を調整したりに意外と時間や労力を奪われてしまうことがあります。

 

また、予約した日には意外と大丈夫で、拠り所がないような時に急に不安や寂しさが訪れることも多々あると思います。そんなときにも頼れるのも電話カウンセリングならではです。

 

【4】朝8時~深夜3時まで対応!

ボイスマルシェは朝の8時から深夜3時まで利用可能。休日前の夜の時間や、家事の落ち着いた午後の時間など、自分のスケジュールに合わせて利用できます。

 

【5】通話料0円!表示料金以外は一切かかりません。

ボイスマルシェ利用時は通話料がかかりません。また、前払い制で時間通りに電話が切れるシステムなので、 うっかり延長料金が発生…ということもありません。

 

料金は25分3,240円(税込)から。表示料金のみの安心の料金体系です。日経新聞ほかメディア掲載多数。会員登録数、予約数とも大幅に伸びており、法人企業でも導入されている注目のサービスです。

▼▼まずは無料登録を。


「セックス依存症」「恋愛依存」などで探すとかなり限られてきますが、「恋愛・浮気・不倫」など、少しカテゴリを広くするとかなり選びやすいかと思います。

 

また、カウンセラーとクライアントの関係で一番大事なのは「信頼できそうか?心おきなく話せそうか?」ということです。ぜひご自身で「この人なら話せるかも」という方を探してみてください。カウンセラーは顔写真もあります。

▼▼登録無料です